【レポート】京都一周トレッキング 鷹峯〜愛宕山麓


29日は、次の作品シリーズの為の機材性能チェックと最低限、長時間の移動が可能と思われる作品撮り用の機材量チェックで京都一周トレッキングのコースの一部を6時間ほど歩いてみました^^;;
山間部を歩く中、冬の枯れ朽ちる世界に身を委ねることで、心が整った気がします。

風景編

風景撮影のチェックと記録目的で行った最初からゴールまでの「道」の写真です^^;

スナップ編

気になったポイントをスナップ撮影してみました^^;
LeicaQ2の28mm/35mm/50mm/75mm切り替え(クロップ方式※トリミング)の使い勝手と暗部・明部の情報量をチェック。

75mmは、風景だと流石にトリミング量が多いので使えない・・。50mmでギリギリ。
ボケは期待できないですが被写体が5m以内だったら、50mmも75mmも使いやすい。

光学手ブレ補正のチェックでは、長時間の足場が微妙な道の歩行ということで疲れから上手く体の揺れを止められない&高画素(有効4730万画素)ということから1/30でブレを何枚か確認・・。
通常だったら1/15でもあまりブレが無いので、ISO100中心だったのを感度を上げて1/60中心のが良さそうでした。
Facebookに上げる程度(2048px)だったらわからないぐらいですが・・作品としてだったら没。。
なにかの参考になれば^^;;