作品「Aesthetic sense of the city- 人工都市の美意識」/ Life of Silence


作品:Aesthetic sense of the city- 人工都市の美意識 / Life of Silence
制作:2017年-

日本の様々な都市内に植樹されている剪定された樹々が被写体です。
日本では、植林された樹木の剪定は、自然との共存と繁栄の手段として定着しています。
私は、剪定された樹木から日本の美学を視覚化できると思いました。
美的感覚を表現するために日本画や水墨画などの典型的な日本美術で使用されている余白を考慮したアプローチを選択しました。
 
The subject is pruned trees planted in various cities in Japan.
In Japan, the pruning of planted trees has taken root as a means of coexistence and prosperity with nature.
I thought it was possible to visualize Japanese aesthetics from pruned trees.
To achieve an aesthetic sensation, we chose the margin-aware approach used in typical Japanese art, such as Japanese painting and ink painting.

京都-KYOTO

東京-TOKYO

鎌倉-KAMAKURA

堺-SAKAI