2009年大晦日を迎えて


photo337

今年は、様々なことを経験する年でした。
体調を悪くして、今まで気にしなかった「死」をちょっと意識することもありました。
昨年末にだいぶ思い詰めた精神状態だったり、考えすぎるといつの間にか気絶しているのかうつろな状態で勝手に時間が過ぎていたり・・・。
甘いものを食べると元気になったりする症状と健康診断の結果、低血糖状態であることが判明してました。。。
ちょっと、低いぐらい大丈夫だろう〜なんて、様子が変・・という母親に言ってたら親戚の内科医のおじさんの耳に入り、すぐに診察に来い!ということに。
後、少し血糖値が下がると強制的に気絶・・・、ほっとくと危ない状態のようでした。
食生活を規則正しくして、自炊をしっかりして飲酒は、できるだけ控えてたりしてなんとか数値が正常に戻ったので今は、健康状態です。
年末には、久々に思いっきり強いお酒(80度オーバー)を飲んでしまいました。。。こういうのは、特別な日だけにしなければ駄目ですね。一緒に飲む人には、調子に乗り出したら止めてもらうように言わなければです。

がんばるということは、何かを犠牲にいつの間にかしているのかもしれません。
専門の大学に通ってこの世界にいる自分じゃないから、感覚とかそういうのにばっかり頼ってたら先が無いから努力するしかないのですが・・・。
中の上ぐらいでも、この世界にしがみつきたいのです。

挑戦したことは、写真作品を作る作家コースで写真教室へ行き始めたことでしょうか。
写真は、改めて奥が深いことを実感でした。
死生観を表現した写真集、家族との絆の表現etc
奥が深いです。

来年の3月までで、最後にグループ展に参加ということで数ヶ月でカタチになりそうなテーマで試行錯誤して作品を創ってますが、得た経験を元に自分と向かい合って次のテーマをゆっくり挑戦もしたいところです。テーマは、ある程度頭の中にあるので年始のブログに書きたいところです。
これがどういう風に変わっていくのか楽しみなところです。

10数年ぶりにこの世界に入るきっかけをくれた友人に年末に偶然出会うなど他にも不思議体験は、多数。

30歳。すごい。