映画「手紙」


罪から目をそらして、強がったり逃げたりするんじゃなく受け入れる気持ちを持たなければいけないというメッセージが込められた映画なのかなぁ。

本を読んでいたから、大体の内容(映画用にうまくリメイクされてた)は、知っていたけれどラストシーンは、号泣でした。

終了後も映画館は、シーンとしてだれも話さなかったです。

もう一度、見よう。見に行ってない人は、是非行ってみてください。

後、やっぱり山田孝之は、天才だ!