年始に賑わう伏見稲荷大社【前編】


撮影:NIKON D300

天気もよかったので四年ぶりぐらいに行ってきました、伏見稲荷大社★
駅を降りるとすぐに活気づいた町並みを見るのは、とても気持ちいい。
何年たってもかわらないなぁ。
名物の「うずら」も並びます。
まずは、普通にお参りもしてさぁ、出発だ。




撮影:NIKON D300

伏見稲荷大社と言えば、「鳥居」
無数の鳥居は、赤いトンネルのようで壮観です。
ここまでの数を目の辺りにすると、もう美しい景観の考えられた設計というよりも強い「想い」を感じました。
ここのいいところは、山の上にある茶店★
写真でもあるように畳にすわって窓の外の景色をみているだけで癒されます。

4年前は、カメラを持って行ってもいまいち良い構図が思い浮かばずに撮るのを辞めてしまったことを思い出しました。
今は、少しでもこの迫力や情景を切り取れたらとシャッターが止まりませんでした。
この4年間に、成長したのだろうか。

撮影:NIKON D300

写真を撮りながら1時間半ぐらい登ると、京都が見渡せるスポットに到着。
やっぱり、いい景色です。
こんな風に小さい子供がいる家族で軽い山登りとお参りを行える場所は、他に類をみないのでは、ないでしょうか。
犬と一緒に散歩感覚で訪れている人も結構おられました。
ここで、引き返される人も多いですが、さらに進んで行きます!

後半へ続く。

フォトアルバム
http://picasaweb.google.co.jp/capuri/2009112D300LR