デザインの不思議


おっと、つい仕事が忙しすぎるとBLOGまでおろそかに(-_-;
日記だと自己満足なものになりがちだけど、その時おもったことを残すのは悪くない気もする今日この頃。

デザインをしていると時々、不思議な現象に遭遇する。
例えばこんな感じ
・自分の意図していない適当に作ったものがえらく評価されたりする
・これがいいのか悪いのか途中でよくわからなくなってしまう。
・最初は何も思い浮かんでなかったのにいつのまにか、本当に俺が作ったの?ってちょっと感動的なものが出来上がる。

人間の発想力にかなり頼っている職業なだけに体験することなのかな〜。
狙って確実に高品質なものができないのは才能がないのかもしれないが、、真っ白だからこそオリジナリティを無理にでも求める気持ちは大切にしなければと思いたいっす。

知識が豊富だとそれに頼ってしまいそうで怖いとも思う。